モーニングアフターピルの基礎知識

モーニングアフターピルは急を要する時に使用する“緊急避妊ピル”と言われています。このピルを服用することで子宮内膜への着床を防ぎ妊娠を回避することができます。しかし病院で処方してもらうと15000円ほどしますので安い購入方法を教えます。

モーニングアフターピルの内容量と費用について

モーニングアフターピルの内容量は有効成分が1.5ミリグラム含まれているのが一般的で1錠の場合は1500円程度の費用で購入することができます。モーニングアフターピルは基本的には緊急時だけに服用するものなので、1箱に1錠だけしか入っていないものも販売されていますが、内容量が1番大きなものでは30錠入っていて、費用は4万円程度になることもあります。一般的に処方されている低用量ピルなどに比べると費用が高いので、モーニングアフターピルを毎日服用し続けるのは経済的ではありません。また有効成分の内容量が大きいので副作用のリスクが高いので、通常の場合には低用量ピルを服用して、緊急時だけにモーニングアフターピルを服用するのが基本となっています。モーニングアフターピルは性行為が終了してからの時間が短いほうが効果が高くなるので、24時間以内に服用をすると95%以上の避妊成功率になりますが、それ以上時間が経ってから服用すると75%程度まで避妊成功率が低下します。ピルに関しては副作用の問題などが指摘されていますが、医療機関で処方されているものは低用量ピルや超低用量ピルなので吐き気や頭痛などのホルモンバランスの乱れによる症状が出にくくなっているのですが、モーニングアフターピルは有効成分が多く含まれているので、女性ホルモンを大量に摂取することになり、月経過多や不正出血などが起こりやすくなります。また不規則的にピルを服用することで血栓症のリスクが高まることがあるので、喫煙をしている女性や高齢の女性が服用する場合にはリスクを考えなければなりません。病院で処方される場合には血栓症の検査などをしてから処方されるので安全性が高まります。