モーニングアフターピルの基礎知識

モーニングアフターピルは急を要する時に使用する“緊急避妊ピル”と言われています。このピルを服用することで子宮内膜への着床を防ぎ妊娠を回避することができます。しかし病院で処方してもらうと15000円ほどしますので安い購入方法を教えます。

モーニングアフターピルによる確実な避妊と免疫力低下

モーニングアフターピルはほぼ確実な避妊をすることができるので、コンドームが破損していて膣内に精子が入ってしまった場合などに服用することで、高い効果を発揮するのですが、体に対する負担が大きいのでホルモンバランスが乱れてしまって免疫力が低下することもあり、それによってニキビや吹き出物ができやすくなる場合があります。モーニングアフターピルは基本的には緊急時に服用するための薬なので手軽に服用してしまうと不正出血などが起きやすくなるので、副作用のリスクに関する知識も必要となります。モーニングアフターピルは確実に避妊することが出来るのは24時間以内に服用した場合なので、なるべく早い段階で処方を受けることで確実に避妊をすることができます。通常の場合には低用量ピルを服用するのが一般的で有効成分が少ないのでホルモンバランスが乱れにくく、免疫力が低下することもほとんどありません。しかし血栓症のリスクに関してはピルを服用していると高まることが世界的にも認められているので、自分の判断によって服用するのではなく、医療機関の医師の指導にしたがって服用するのが望ましいとされています。またモーニングアフターピルなどを服用すると膣内が乾燥しやすいので免疫力が低下してカンジダなどによる症状が起きることも多くなるので、モーニングアフターピルなどを服用している場合には性器に関するケアをしっかりと行う必要があります。また性交時の痛みなどに関しては婦人科の医師に相談をすると潤滑ゼリーなどの処方を受けることができるので、セックスを避ける必要はありませんが、モーニングアフターピルを服用し続けるとホルモンバランスが乱れたままになるので、頭痛や吐き気などが起きる場合もあります。