モーニングアフターピルの基礎知識

モーニングアフターピルの基礎知識

モーニングアフターピルは急を要する時に使用する“緊急避妊ピル”と言われています。このピルを服用することで子宮内膜への着床を防ぎ妊娠を回避することができます。しかし病院で処方してもらうと15000円ほどしますので安い購入方法を教えます。

モーニングアフターピルの知識

モーニングアフターピルと聞いて普通の低用量ピルとどう違うのかうまく説明できる人はどれだけいるでしょうか。
耳にしたことはあっても実際にそれがどういうものかというのは知られてない場合が多いです。

モーニングアフターピルとは、セックスの際に避妊に失敗した時に72時間以内に服用することで妊娠を阻止することができる緊急避妊薬です。
基本的には保険適用外なので、場合によっては女子高生などでも親に知られることなく処方することができます。

ただ、飽くまで緊急避妊薬であるので、これがあるから避妊しなくていいというわけではなく、望まない妊娠をしないための薬であり、セックスの際に避妊することは大前提です。

モーニングアフターピルを服用すると、早くて数日から3週間以内に消退出血と呼ばれる出血が起こります。
これは、モーニングアフターピルを服用したことで体内に女性ホルモンが大量に入り、体が妊娠したと勘違いして子宮内膜をはがすことにより起こります。

消退出血が見られれば避妊に成功したことになりますが、3週間過ぎても出血が見られない場合には妊娠している可能性がありますので早めに妊娠検査薬を試すか産婦人科に受診するようにしましょう。

モーニングアフターピルの副作用として、頭痛やめまい、胸の張りや吐き気、嘔吐などの症状が出ることがありますが、服用後数日もすれば収まることが多いですが、人によってはしばらく続く場合があります。
服用後2時間以内に嘔吐した場合には、薬の効果が薄まってしまう可能性もあるので再度服用する必要があります。
吐き気が止まらない場合には、車酔い用の市販の酔い止めか、あるいは予め婦人科でピルを処方してもらう時に一緒に出してもらうようにしましょう。

■使用者の口コミも見てから購入を検討しましょう
トリキュラーの通販に関する口コミ